SSブログ

『となりの妖怪さん』 [本・雑誌あれこれ]

 noho(Twitter @nohohitchcock)
 イースト・プレス
tonarino.jpg
 同名の縁で読んでみたところ、これがすごくよいのでご紹介。

 妖怪と人間が共存している世界。舞台は山間の町だが、そこだけの話ではなく、六本木ヒルズあたりでも人間と妖怪が普通に行き来している。学校に幽霊が、というエピソードがあるのだが、一つ目小僧の少年がビビっているのが可笑しい。
tonarino.1.jpg
 主人公は ぶちねこの「ぶちお」。猫又に新生したばかりで、町内の天狗や化け狐に「妖かし」としての初歩を教わっていく。
 1巻、2巻ともメインとなる流れがあるのだが、短いエピソードを連ねて描かれていくので、読みやすいと同時にリズム感がある。

 基本的に「優しい世界」なのだが、妖怪たちが背負っているものは優しいだけで片付くものではなく、数十年どころか百年単位の因縁があったりして、時折「厳しい世界」が顔をのぞかせる。奥行きのある物語。

 人間も妖怪も可愛いのだが、個人的に一番のお気に入りは、お盆の精霊馬。
tonarino.2.jpg
 萌えるでしょ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。