SSブログ

【Cinematic】一覧 [棚紹介]

 2019/1 の特集は「映画」でした。
 以下に、本の一覧を挙げます。書名の五十音順です。関心のある本が見つかりましたら、お問い合わせください。ただし、これは 2019/1/31 19:00 現在の在庫です。
 データは、「(書名)/(著者)/(出版社)」の形になっています。著者や出版社は空欄の場合もあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

座標補足:秋田県の県民意識調査から [雑感]

 今年前半は、河北新報の「座標」という欄に文章を書かせていただくことになりました。
 ここではその裏話などを書いていこうと思います。
 まずは、秋田県の県民意識調査における読書の項目について。

致命的な質問変更
 県のホームページに公開されているのは平成 22 年以降、9 年分である。
 読書については、「あなたは(一日に)平均どれくらい読書をしていますか。」という項目がある。選択肢は「2 時間以上/1~2 時間/30 分~1 時間/30 分未満/全く読まない」があるが、概観するため「30 分以上読書する人」でまとめると、22 年で 60.3% だったものが、30 年に 44.1% にまで低下している。県の目標は「2020 年に 70%」なのでこれはかなり厳しい数値と言える。
kahoku.290122.jpg
 低下の傾向を見ていきたいところだが、残念ながら 28 年と 29 年は「あなたは 1 日 30 分以上(または 1 週間で 3 時間程度)読書する時間を確保できていますか。」と質問が変わってしまっているため比較できない。
 なぜ変えたのかはわからない。しかも、30 年に質問を戻しており、データが 22~27 年、28~29 年、30 年以降と三つのブロックに分かれてしまうこととなった(もっと言えば、29 年は「あなたは 1 日 30 分以上(または 1 週間で 3 時間程度)読書をしていますか。」であり、28 年と同一の表現ではない)。
 質問が変わる直前の 27 年が 54.4% で、30 年が 44.1%. その前の 6 年間で 5.9% しか下がらなかったものが、その次の 3 年で 10.3% も下がったことになる。28~29 年で何かが起こっていると考えざるを得ない。
 まっさきに思い浮かぶのが、29 年の、ジュンク堂秋田店の一時閉店である。書店だけでなく、タワーレコードも一時閉店、映画館「シネマパレ」はそのまま閉館と文化の面で大いに話題になった。
 幸い、27 年以降には読書時間を取れない理由を訪ねている質問があり、その中に「近くに図書館や書店がない」という選択肢があるのだが、これの割合は変わっていない。むしろ 29 年にわずかに下がっている。直接の関係はないのかもしれない。
 傾向を見るには、30 年の質問を維持したまま数年待たなければならないのだが、その間に読書という習慣が消滅した、ということにならないことを祈っている。

なぜ読書時間が確保できないのか
 細かく見てみると、28 年から 29 年にかけて、「30 分以上確保できている」という回答が、20 代および 30 代の層で半分程度に激減している。逆に、「できていない」という回答が、20 代と 60 代・70 代で激増している。
 その理由で、20 代・30 代では、「仕事が忙しい」「他に興味があることやその活動が忙しい」がトップ争いをしてはいるが、これは少しずつ値を下げている。逆に上がってくるのが「家事・育児・介護が忙しい」である。
 納得しかけるが、この正体は検討を要する。
 まず、結婚年齢が上がっていることを思い出す。厚生労働省の人口動態調査によれば、第一子出産の平均年齢は 30 歳前後なので、育児の 20 代へのインパクトは、ないとは言わないが限定的なはずである。
 また、同じ調査で、子育て環境や老人福祉制度への満足度を尋ねているのでそれを見てみると、満足度(あるいは不満度)に大きな変化はなく、本当に子育てや介護で時間が取れなくなったのかどうかは怪しい感じがする。
 残念ながら結論は出ない。妄想するなら、「子育てで時間が無くなったけど読書の時間を減らせばいいや」と考えたのであれば不満は出ない、ということもあるのかもしれない。

nice!(1)  コメント(0) 

【Books for X】一覧 [棚紹介]

 2018/12 の特集は「絵本」「プレゼントにしたい本」でした。
 以下に、本の一覧を挙げます。書名の五十音順です。関心のある本が見つかりましたら、お問い合わせください。ただし、これは 2019/1/5 12:00 現在の在庫です。
 データは、「(書名)/(著者)/(出版社)」の形になっています。著者や出版社は空欄の場合もあります。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

【Cinematic】 [棚紹介]

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 さて、年が明けての特集一発目は「映画」です。
 映画について書いた本、映画館を舞台にした物語、映画を作る人にスポットを当てたお話などなどをそろえました。
 もちろん、リトルプレス・ZINE もあります。
cinematic.jpg
 上の写真にある棚の配置を解説すると:
大判の本 秋田ゆかりの映画
リトルプレス・ZINE 原作本
映画についての本 原作本
映画館・映画人の漫画 映画館・映画人の小説

 です。
 お楽しみに。

nice!(1)  コメント(0)